アフィリエイトエクスプレスロゴミニ スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  あとで読む
Entry: main  << >>

アフィリエイトエクスプレスロゴミニ ■「主婦もかせげるアフィリエイトで月収50万」読後感想文

主婦もかせげるアフィリエイトで月収50万・小林智子(藍玉)「主婦もかせげるアフィリエイトで月収50万」
著 者:小林智子(HN:藍玉)
出版社:祥伝社
発売日:2005年4月26日

多くの方が、「主婦もかせげる アフィリエイトで月収50万」の読後感想文や紹介文を書かれていらっしゃいます。
私も、すでにアップされているその感想文や紹介文を、拝見したい気持ちがすごく強かったのですが、
あえて、今回は「見たい気持ち」を封印して、必死に我慢しました。

それは、自分が感じたことを、
「読んでこう思ったんだけど、これって間違ってるんだぁ」とか
「こう言った方が、分かりやすいかも」と、
自分の「生の声」ではない形になってしまうのが怖かったからです。

「主婦もかせげる アフィリエイトで月収50万」を読んで、
もしかしたら、藍玉さんが意図されていたり、
伝えたかった内容と、違った捉え方をしてしまっているかもしれません。。

その部分は、どうかご容赦いただき、
読書感想文が苦手な私の、拙い読後感想文を見ていただければ、
と思います。
  あとで読む
■読み終わって、最初に感じたこと。

「主婦もかせげる アフィリエイトで月収50万」を読んで、
私が、真っ先に感じたことは、
「これでかせげる!」とか「こうすればいいのか!」
ということではありませんでした。

感じたこと。

それは・・・、
「藍玉さんが、目の前で、熱く講演してくれている!」
という不思議な感覚でした。

言葉を変えると、
「熱さ」を伴う「迫力」を感じ、まるで、藍玉さんに、
アフィリエイトの「熱いコーチング」を受けている感覚に陥りました。

「主婦もかせげる パソコンで月収30万」で受けた、
「優しいトーン」とは、全く異なっていて、
読み終わっても、その感覚がなくなることがありませんでした。

「分かってますね!
 この本を読もうとするからには、
 泣き言、言わないでついてくるんですよ!」


そんな感覚を受けました。

そんな感覚を受けたのは、私だけかもしれません。。

でも、少なくとも、私は、その「感覚」によって、
読む姿勢を正したことは、間違いありません。



■最も学んだこと。

「主婦もかせげる アフィリエイトで月収50万」全体において、
このことが「最重要事項」であると感じました。

「主婦もかせげる アフィリエイトで月収50万」では、全編に渡って、
絶えず、藍玉さんのこの言葉が書かれています。
「なんで、○○○なんだろう?」
「どうしたら、○○できるのだろう?」
藍玉さんが、その時の自分自身の立場、状況、環境などを、
ご自分で感じ、考え、その上で、その後の方向性を見出した過程を、
教えてくれています。

どのようにやったというテクニック的なものではなく、
どのように「気づき」、「考え」、「作り出したか」。

絶えず、現状を分析し、方向性を考えなければならない。

このことが、私が学んだ最も大きなことです。

この「なんで?」「どうしたら?」を自分にクロスオーバーさせることができ、
自分のものにできたら、少しはアフィリエイターに近づけるかもしれない。

そのように、感じます。


■最も、ドキっ、としたこと。

今の私に、思いっきり突き刺さった一文。
「毎日行き当たりばったりでアフィリエイトをしているなと反省しました。」
(『第4章 アフィリエイトは時間管理が勝負です。-大切なのは夢を持つこと-』より)
「行き当たりバッタリのアフィリエイト」。。

言い方は良くないかもしれませんが、(藍玉さん、ごめんなさい)
この一文を読んだ時に、私は、
背中にナイフを突き当てられたかのような「恐怖」にとらわれました。

自分なりに時間管理や目標管理をしてアフィリエイトを行っているつもりでいましたが、
「本当は、全然管理できてないんじゃないか!?」
「自分に本業があること、忙しいことをすべて言い分けにしてるんじゃないのか!?」

アフィリエイターを目指すもう一人の自分が、
大きく私に問いただしました。

私は、そのもう一人の自分からの問いただしに、
答えることができませんでした。。

深く考えなければならないと思います。


■びっくりしたこと。

私が日記事にしたばかりの答えを、
「主婦もかせげるアフィリエイトで月収50万」ではしてくれていました。
「あくまでも基本は、定番商品できっちり充実させることです。」
(『第3章 「藍玉流」 かせげるアフィリエイトのコツ公開。-テーマサイトとは-目的にぴったり合う品揃えの専門店-』より)
「定番」という言葉は、深い言葉で、
「文字」だけで捉えると、非常に難しい言葉です。

実は、この「定番」という言葉は、十数年、マーケティングのようなものを
生業としてきた私にとって、「謎」とも言えるテーマの1つでした。

そして、昨日、日記事にしたばかりでした。

この「定番」という言葉を見たのは、
231ページに渡るこの本の中の、ほんの「6行」の項目です。

「定番」の解釈は、非常に難しいものですが、
その6行は、私をすごく勇気づけてくれました。


■個人的に、なんかうれしかったこと♪
藍玉さんも、テニスやっていたんですね〜。
学生時代、とりつかれたかのように、
テニスをしていた自分を思い出させてくれました♪
最近、完全に、忘れていました (^^;)

なんか大切なものを思い出させてくれたかのようで、
恥ずかしながら、すごくあったかくなりました (^^)


■戦術的なこと

・毎年使いまわしできることは、お得。
・企業が操れなくて、しかし、最も重要視しているメディアは「口コミ」である
・自分の言葉をもっとフォーカスすべき
などなど、
自分的に勉強になる「戦術的なこと」も多く、
すごく勉強になりました。

「戦術面」なことを話だすと、キリがないので、
「主婦もかせげるアフィリエイトで月収50万」を読んでいただいていただきたいと思います。

■最後に、自分の「変な癖」。

私は、各章や項目の、端的に書かれている「最後のの一文(部分)」を、
重要視する傾向があります。
その部分に、非常に重要なヒントが書かれている、と感じてしまうんです。

単なる思い過ごしなのかもしれませんけど、
ビジネス書籍やアフィリエイト書籍を読むようになってから、
いつも感じていることなので、書かせていただきました。

=====

全体を通じて、私が感じた、
藍玉さんが伝えたいと思っていたこと。

それは、
「趣味としてのアフィリエイト」と「ビジネスとしてのアフィリエイト」。

ちょっとでも「後者」を選択するのであれば、
それ相応の「努力」と「覚悟」をしなければならない。

そういう「伝え」だったのではないか、と思っています。

でも、「そのアフィリエイトの先」には、
「とても『素敵なもの』に昇華するんです!」
・・・という藍玉さんの思いが伝わってきて、
すごく胸が熱くなりました。

スポーツでは、メンタルな部分がかなり重要視されます。

また、ビジネスでもそうです。

アフィリエイトにおいて、これだけ「メンタル」な部分をフォーカス・アップして、
語られた著はないような気がしています。

モチベーションアップのための一冊ではなく、
「闘魂注入」のための一冊
として、多くのアフィリエイターさんに読んでいただきたい、
と思っています。

アフィリエイトエクスプレスロゴミニ スポンサーサイト

  あとで読む
- | - | - |

あとで読む
Comment
パピルスです。はじめまして。
ブッチャさんのブログにコメントを下さって、ありがとうございました。
すごく、うれしかったです。
ありがとうございます。
これからも頑張ります。
よろしくお願いします。
Posted by: パピルス |at: 2005/05/08 6:55 PM
パピルスさん、コメントありがとうございます。
hikaruです。
アフィリエイトを始めた頃からずっと拝見しているパピルスさんに
コメントいただけるなんて、すごく光栄です〜!
リニューアル後も、しっかり拝見させていただいています♪
私も含め、多くの初心者の方のお勉強になるといいなぁ、と思っています。
これからも拝見させていただきますー!
Posted by: hikaru |at: 2005/05/10 10:38 AM








Trackback
主婦もかせげるアフィリエイトで月収50万が発売になりました♪ お祝い!?にアフィリエイト総合情報館を運営しているKASAIさんがインタビューしてくれましたぁ。 (KASAIさん、ありがとぉ♪) 「主婦もかせげるアフィリエイトで月収50万」藍玉さんにインタビュー!
藍玉ブログ | at: 2005/05/15 2:01 AM

アフィリエイター注目情報
ビックカメラを始め、
限定プログラムも
多数あります。
私は成果出ています
Special Contents
Entry
Category
Comment
Trackback
Archives
Mobile
qrcode
Search
Profile
ヒカル運営ブログ’s
Up! があれば、生存してます(^^)v
Feed
Sponsored Links

Copyright (C) 2004-2008 アフィリエイトエクスプレス All Rights Reserved.
マンション EGF モバイル 奄美大島 盛りヘア